渋谷区で探す関節リウマチに専門医が多い整形外科

関節リウマチは、朝起きた時の体のこわばりとか、熱っぽいとか疲労感が強いなどの初期症状が見られますが、決めてとなる症状がないので、診断を確定するのが、困難な病気です。それでも、早期診断に成功すれば、現在はよい薬もあり、リウマチの進行が抑えられ、寛解状態になり、普通の日常生活が、過ごせるようになります。関節リウマチになり、渋谷区で専門医を探そうとする場合、リウマチ科、膠原病科の医師にかかればいいのですが、それ以外にも内科や整形外科に専門医がいる場合があります。専門医の探し方ですが、インターネットを使い、日本リウマチ学会が認定する「リウマチ認定医」や日本リウマチ財団の「リウマチ登録医」がありますので、渋谷区でクリニックを開いているリウマチ専門医を探せばいいのです。

もう一つの方法は、かかりつけ医に相談をして、渋谷区内のリウマチ専門医を紹介してもらう方法です。関節リウマチは、最初朝のこわばりとか、膝の関節が左右対称に腫れるとか、関節を動かしたり、抑えたりした時に痛むなどの症状が出てきますので、整形外科の医師の間に専門医が多くいます。以前は、関節リウマチは整形外科と言われたものですが、原因が、免疫が正しく働かないことにあり、治療薬の使用には内科の医師が、役立ちますので、内科からリウマチ専門医になっている医師もいます。どちらの分野からすすんでも、リウマチの専門医であれば、治療を受けるのに差し支えありません。

関節リウマチの診断のためには様々な検査が必要ですし、さらに検査をくりかえすこともも必要です。関節リウマチの診断がくだされると、治療方針が立てられます。さらに、診断後も治療方針の変更や薬の変更もありますので、専門医の観察が必要となり、患者自身も自分の病状をしっかりと知っておく必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*