美容整形で二重まぶたにする

目の大きさは顔の印象を変える大きなポイントです。二重で大きな目を持っていると、可愛い印象が強く残ります。一重まぶたの人や、奥二重の人は、メイクなどで目元をぱっちりと見せようと努力している人も多いものです。美容整形でも二重まぶたの手術が最も人気のある手術です。

二重まぶたの美容整形手術には、大きく分けて二つの方法があります。プチ整形とも言われている、メスを使用しない「埋没法」と、しっかりと二重のラインを形成する「切開法」です。埋没法の場合、まぶたを数か所糸で留めることで、二重のラインを作っていきます。メスを使用しないので、傷跡が残る心配もなく、また腫れもすぐに引くのでダウンタイムが短時間で済むというメリットがあります。

費用もお手軽なところが多く、学生などでも行うことが多い手術です。糸で留めているだけなので、時間がたつと二重のラインが薄くなってしまったり、元に戻ってしまう可能性もあります。しっかりとした二重のラインを形成したい人は、切開法が向いています。二重にしたい位置に合わせて、まぶたの皮膚を切開して、二重のラインを形成していきます。

皮膚の切開を伴う美容整形手術の場合、手術後に腫れや内出血が起こりやすく、ダウンタイムが長期間必要となります。しかし、一度手術を行った部位は、ラインが薄くなったりなくなることが無いので、ずっと手術後の仕上がりの状態を保つことができます。費用は少し高めですが、メンテナンスが不要なのが魅力です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*