ボトックスでできる美容整形

美容整形の中で、メスできる必要がない施術はプチ整形と呼ばれています。本格的な手術の感覚が薄く、比較的安価で受けられるということで、プチ整形を受ける女性は増えています。ボトックス注射もプチ整形の一種で、筋肉や神経の動きを抑制するボツリヌス菌毒素を皮膚の下に注入して美容整形を行います。ボツリヌス菌毒素はアセチルコリンという神経伝達物質の作用を弱めて筋肉が働かないようにしたり、汗を掻くのを抑える作用を発揮します。

ボトックス注射に期待できる美容整形効果として、小顔や部分痩せがあります。エラ張り顔の人は、咬筋にボトックス注射を打つことで張っているエラを細くすることができます。また、ふくらはぎも同じように注射することで筋肉を衰えさせてふくらはぎの部分痩せをすることができます。さらに、ほうれい線や眉間のシワなどのシワもボトックス注射で解消できます。

シワができてしまう原因は皮膚が一定方向に動いてしまう癖がついているからです。この動きをさせる筋肉の働きを弱めることで、シワができる動きをなくすことができます。ボトックス注射はいいことずくめのように聞こえますが、術後3ヶ月~1年くらいで効果がなくなってしまいます。効果がなくなると元の状態に戻ってしまうので、エラならエラに、シワならシワに、定期的にボトックス注射を受ける必要があります。

効果を持続させたいならば、効果が完全に切れる前に再施術した方がいいでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*