ねずみ退治のコツをご紹介

ねずみ退治には、様々なコツがあります。たとえば、毒入りの餌で駆除する場合、秋から冬にかけて行うのが良いと言われています。というのは、ねずみの食欲が増すからです。毒入り餌は複数箇所に設置します。

設置場所はねずみをよく見かける場所、ねずみが通った跡があるような場所が良いでしょう。設置後は、一週間くらいは様子を見ます。ねずみはとても警戒心が強い動物なので、すぐには食べないことが多いからです。しかし、しばらく放置しておくと、ねずみも警戒心を解きはじめ、毒入り餌を食べるようになってきます。

もし一週間以上経過しても、食べないようでしたら、場所を移動させてみましょう。ねずみ退治の二つ目のコツは、ねずみ退治の方法を1種類だけに拘るのではなく、複数の方法を同時に試すことです。たとえば、毒入りの餌を設置した回りに、粘着剤などを設置します。ねずみがうまく毒入りの餌を食べてくれたら、体に変調をきたし粘着剤にかかりやすくなるからです。

ところで、天井裏などでよくねずみが走り回っている足音を聞くことがあります。そこで天井裏に毒入り餌を設置してみるのですが、あまり効果がないという場合が少なくありません。これは天井裏のような広々した場合は、ねずみの餌場ではなく、運動場になっている可能性が高いです。ハツカネズミにくるくる回る遊び道具が必要なように、ねずみは体を動かす必要があるのです。

このような場合は、巣まで毒入りの餌を持って帰るようにさせると良いでしょう。そのための専用の毒入り餌も販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です