ねずみ退治と予防策について

効果的にねずみ退治を行うためには、まずなぜねずみが住み着いてしまったのか、ねずみの習性などを知る必要があります。そして、ねずみが住み着いてしまった原因を取り除くことが大切です。そうしないとせっかくねずみ退治を行っても、また再びねずみがやってきてしまうかもしれないからです。ねずみが住み着いてしまう原因には、第一に餌の有無が大きく関わっています。

つまり、ねずみの鉱物である餌が簡単に手に入る環境があるということです。二つ目は巣を作るのに適した環境があるということです。三つ目は巣を作るための材料があるかどうかです。そして、最後に自由に活動できる空間があるかどうかです。

上記のような原因を取り除くことで、ねずみの予防対策になります。そこでまず残飯整理をしっかり行い、ねずみの餌となるような食べ物の屑をきれいに片づけることです。次に建物内にねずみが侵入することのないように、侵入口になりそうな箇所(穴や隙間、割れ目)などをふさぐことです。配管などにはねずみ防止用のブラシやパテ、ねずみ返しなどが効果的です。

また、ねずみの巣材になりそうな布や新聞紙、ビニール袋などもきれいに片づけましょう。それでもねずみが住み着いてしまった場合は、ねずみ退治グッズを購入して駆除を試みるか、気持ちが悪ければプロの業者に頼むのが良いでしょう。ねずみ退治グッズには粘着式や薬剤、ねずみが嫌がる臭いなどがあります。ただ、一度のねずみ退治だけで、すべて駆除が完了するかどうかは難しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です