反撃されないカラス退治

カラス退治を自分で行う場合は、慎重に行動する必要があります。頭がいいため危害を与えてきた人間を覚えますし、どこで被害にあったかを覚えていて、そこを通る人間すべてを攻撃してくることもあるからです。安全に行える対策は、カラスが住みにくい場所だと思わせることです。エサになるようなものをきれいに片づけるか、ネットを立体的に四角く張って、その中にしまっておくようにするとよいです。

鳥全般的に苦手なトゲトゲしたバードスパイクなどを設置したり、超音波を出す装置の設置、近づくと自動で水を噴射する装置などもよいです。カラスに直接的な攻撃を行わないものを、対策として講じることが重要になります。昔から行われている目玉型のものをつるしたり、死がい模型をぶら下げておく方法もありますが、つるすものによっては慣れてしまってカラス退治にならないことがあるので、効き目があるものが見つかるまでいろいろ試してみるとよいです。あまりぶら下げすぎると景観が悪くなってしまうので、ほどほどにしましょう。

苦手な猛禽類の声を流す方法もありますが、音声だけだと気付かれてしまう可能性があるので、他の音なども混ぜながらいつもと違う雰囲気にすることで臆病なカラスを近づけさせない対策になります。数が多すぎると集団で協力して生活するようになるので、いろんなアイテムを駆使しても効果が出ないことがあります。カラス退治は数が増えすぎたときに自治体が主催して行う場合がありますから、市役所などに要望を出しておきます。自分たちで対応するように言われたら、専門業者に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です