カラス退治は環境改善で十分!

まずはじめに、カラス退治と銘打ってますが、正確には「退治」よりも「追い払う」と表現した方が良いでしょう。

カラスは野生動物で鳥獣保護法により、地域自治体の許可無く捕獲・殺処分することはできません。生き物なのですから、できるだけ人間と自然が共存できるに越したことはないですよね。カラス退治が求められるケースは、地域エリアのゴミ捨て場を荒らす・自宅ベランダに飛来して困るの2つが中心です。ゴミ捨て場に関しては、カラスは目で食べ物を認識しているため不透明のゴミ袋に変更する、カラス避けの網を利用する、この2点で改善します。

最初の内はよりつく習慣が消えないためまだうろついていますが、取り出しにくいと分かれば次第に寄り付かなくなります。自宅ベランダに関しては、風雨避け、巣材の確保、隠れ家といった目的で飛来するため、ベランダは室外機を残してきれいさっぱり整頓すること、巣材となりやすいハンガーはボックスに収納して取り出せなくすることでカラス退治が可能です。面倒ですが、洗濯物を干す際・取り入れる際にいちいちしまう、という風にすれば良いだけです。

また、頻繁に訪れた際に追い払うという行為も大切です。羽根を持っているカラスが怖いのはやはり人間。手を叩いたり、ホウキを振り回すだけで恐怖の対象となるので、上記の環境づくりを整えた上で根気づよく追い払っていると、自然に寄り付かなくなっていくので、1~2週間がんばってみてください。
カラス駆除のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です