出現状況によって異なるねずみ駆除の方法

ねずみ駆除は、罠を仕掛ける場所や住宅の構造など、様々な要因によっていくつかの方法を使い分けて行います。

最もポピュラーなねずみ駆除方法としては、粘着剤が塗られたシートをねずみの通り道に仕掛けるというものがあります。ねずみは家屋内に一定のルートを作っており、周回するように同じルートを通りながら移動しています。それは建材がかじられていたり、フンが落ちているなどの状況を見つけることで判別できます。通りやすいルートに罠を仕掛けておけば捕獲率も高まるので効果的です。粘着剤塗られたシートを設置する方法は、費用が安い上に扱いも簡単であるのが利点です。数ある罠の中でも最も安く、狭い場所にも設置しやすいからです。

粘着剤は一定の強さを持っていますが、ねずみのサイズが大きすぎる場合には逃げられてしまう可能性もあります。その場合には違う手段を用います。大型のねずみが確認できる場合には、かご型の罠を設置します。金属などで作られたかごの中にねずみが好む餌を置き、それに釣られて中に入った途端にフタが閉まる仕組みです。フタは一度閉まると外からしか開けられません。

そのため大型のねずみでも、確実に捕らえることができます。欠点としては、かご型は本体の価格が高めであること、かごのサイズが大きいため設置できる場所も限られることなどがあげられます。それでも確実に捕らえることができるので、大きなねずみの存在が確認できる場合には有効な方法です。これらねずみ駆除用品はホームセンターやネットショップなどで入手できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です